会社概要

SlidePackは小さなチームで開発・運営を行っております。無駄のないコンパクトなチームを維持することで低価格を実現し、また、取り組む問題領域を「パワーポイント資料の自動作成」に集中することで、高品質で安定したサービスを実現してまいります。
会社名 合同会社Qitar (キタール)
設立 2018年1月18日
※個人事業を継承した法人化
事業内容 ・サービス開発事業(SlidePackなどの企画・開発・運営)
・ビジネス支援事業(アドバイザー・プロトタイプ等のシステム開発)
資本金 200万円
代表者 代表社員 喜多 慧
連絡先 フォームよりお問い合わせください
所在地 〒153-0063 東京都目黒区目黒2-11-3 Impact HUB Tokyo内
主要取引先 ・株式会社スパイスボックス
・株式会社マクロミル
・株式会社イングクラウド
・株式会社QLIOPAAK
・株式会社MEMOCO
・株式会社アルコ
・Aalto International Japan株式会社

代表について

喜多 慧(きた さとし) Wantedly
  • 2008年、同志社大学卒業後、Webユーザビリティのコンサルティングファーム(株式会社ビービット)に入社。ソフトウェア事業の創業メンバーとして参画し、テストの自動化や品質管理の仕組み作りに従事。
  • 2011年、同ビービットにて、テクニカルサポートチームを立ち上げ。技術的な課題に対応する体制構築や、サポート業務の効率化などに貢献。
  • 2013年、株式会社ポップインサイトを創業。リモートユーザテストサービスのプラットフォーム開発の責任者を担当。
  • 2016年、SlidePackを中心に、特定領域の課題を解決する専門サービスの提供を開始。SlidePackのほか、大手リサーチ会社様向けの調査管理プラットフォームや、広告代理店様向けの運用型広告レポート自動作成ツール、クラウドソーシング会社様向けの業務システムなどを開発。スモールスタートによる短期リリースと、長期的な運用を見据えた設計の両立を重視。
  • 2018年、事業拡大に伴い合同会社Qitarを設立。個人事業を継承。