パワーポイント資料の作成を自動化

整列…サイズ調整…細かな作業はもう必要ありません。 あなたは内容に集中し、面倒な作業はSlidePackにお任せください。

5分で体験チュートリアル

デモ動画を見る

SlidePackでできること

実際にご活用頂いている方法をご紹介します。

アクセス解析レポート

※画像はサンプルです。実際にご利用頂いているデザインとは異なります。

あるWebマーケティング会社様では、月次の報告書を作成する手間が大きくてお困りでした。

そこで、SlidePackでGoogle Analyticsのデータを自動的に取り込んで(*1)出力するようにして頂いたところ、報告書作成の手間が大幅に削減され、人為的なミスのリスクも減らすことができました。もちろん、報告書のデザインは従来のものをそのままご利用頂いています。

(*1) ビジネスプランでご利用頂けるデータ接続モジュールを利用

営業提案書

ある人材紹介会社様では、営業資料の作成に人手が足りなくてお困りでした。

そこで、資料作成担当者が訪問先別の提案内容をGoogleスプレッドシートにまとめ、SlidePackにそのデータを取り込んで出力するようにして頂いたところ、提案書作成の手間が大幅に削減され、また、パワーポイントの操作に不慣れな担当者でも提案書作成にあたることができるようになりました。

毎日たくさんの提案書を出力されておりますが、スプレッドシートに置いたリンクをクリックすればその場でダウンロードができる(*2)ため、効率的にご利用頂いております。

(*2) ビジネスプランでご利用頂けるAPI機能を利用

調査報告レポート

あるリサーチ会社様では、パッケージ化されたリサーチサービスのレポート作成に人手がかかりすぎてお困りでした。

そこで、リサーチ会社様の管理システム上にあるリサーチ結果データを、SlidePackに取り込んで出力するようにして頂いたところ、レポート作成の手間が大幅に削減され、担当者はより多くの時間を改善提案を考えることに集中できるようになりました。

リサーチ結果データは、管理システムからコピー&ペーストして頂いたり、あるいはAPI経由で取り込んで頂いております。

ご利用イメージ

SlidePackは、事前にテンプレートを登録しておき、そこにデータを流し込むことで、最終的な資料を出力します。ここでは、基本的な流れをご紹介します。

1. テンプレートを作る

テンプレートは、最終的に出力する資料の元になるものです。テンプレートも通常のパワーポイントファイルなので、自由にデザインすることができ、既存の資料をベースにすることもできます。

{title}{1_1}のように、カッコで括ったプレースホルダを置いておくと、その部分が対象のデータに置き換わって出力されます。もちろん、テキストの代わりに画像を挿入することもできます。

テンプレートはご自身でもお作り頂けますが、導入サポートの一貫として既存資料のテンプレート化を私たちにお任せ頂くことも可能です。

2. データを用意する

テンプレートができたら、次は流し込むデータを用意します。SlidePackでは、

  • Excel
  • CSV
  • Googleスプレッドシート
  • Google Analytics
  • その他サービスや貴社システムのAPI

など、様々な種類のデータを取り込むことができます。

すぐにご利用頂ける汎用フォーマットのほか、複雑なデータ処理を行うデータ接続モジュール(*3)の開発を行うオプションもございます。導入サポートをさせて頂く場合は、私たちから最適な方法をご提案いたします。

(*3) ビジネスプランでご利用頂けます

3. 出力する

テンプレートとデータが揃ったら、あとはSlidePackにログインしてパワーポイント化するだけです。ワンクリックで、パワーポイントの資料がダウンロードされます。

ログイン不要でURLをクリックするだけでダウンロードする方法もあります。これは、大量に作成する資料をどこかSlidePack以外の場所で管理している場合に有用です。

API経由でダウンロードする方法もあります。これは、Webサービスを提供されている方が、SlidePack経由で作成した資料をユーザに提供する場合などに有用です。

導入サポート

お客様からお伺いしたご要望を元に、既存資料のテンプレート化やデータ接続モジュールの開発、運用方法のご提案などのサポートをさせて頂きます。パワーポイント作成の自動化を検討されておりましたら、是非お気軽に開発者までご相談ください。

価格

シンプルな価格体系で、いつでもプランを変更・キャンセルして頂けます。また、初回登録時は基本的な機能を無料でお試し頂けます。

エントリー

¥10,000
1ヶ月あたり (税別)
クレジットカード払い

  • 1つのテンプレート
  • 200回/月までのレポート生成
  • APIアクセス
  • データ接続モジュールの利用

ビジネス

¥50,000
1ヶ月あたり (税別)
クレジットカードまたは請求書払い

  • 3つのテンプレート
  • 1000回/月までのレポート生成
  • APIアクセス
  • データ接続モジュールの利用
人気

カスタム

ご相談
任意の支払いサイクル
クレジットカードまたは請求書払い

  • 任意数のテンプレート
  • 任意回/月までのレポート生成
  • APIアクセス
  • データ接続モジュールの利用

よくあるご質問

SlidePackは定型フォーマットの資料を量産することが得意です。一方で、フォーマットの定まっていないカスタマイズ要素の大きなものは不得意です。

もしよろしければ、是非一度ご相談ください。あなたのお持ちの資料が自動化に向いているかどうかや、SlidePackが役立ちそうかどうかなど、私たちからもアドバイスをさせて頂ければと存じます。
テンプレート作成代行の費用は、資料の複雑さによって個別にお見積もりしておりますが、5000円〜3万円程度となるケースが多いです。

ご相談頂けましたら、あなたのお持ちの資料やご要望を元にお見積もりをさせて頂きます。
データ接続モジュールの開発は、その機能の複雑さによって個別にお見積もりしておりますが、5万円〜20万円程度となるケースが多いです。

ご相談頂けましたら、ご要望をお伺いした上でお見積もりをさせて頂きます。
はい、任意の画像を資料に挿入することは可能です。

5分で体験チュートリアルでも一部画像を扱っておりますので、是非お試しくださいませ。
グラフを挿入する機能は現在開発中です。(表組みは既にご利用頂けます)

ただし現在も、カスタムのデータ接続モジュールを開発することで、グラフを画像として生成して挿入することは可能です。
価格表に掲載しているプラン以外にも、お客様のニーズに応じてカスタムプランをご提供しています。お客様に最適なプランが見つからない場合は、一度ご相談くださいませ
レポートの生成回数が月の制限を越えても、利用を直ちに停止することはなく、引き続きご利用頂けます。SlidePackから制限を超えた旨をメールにてご連絡いたしますので、プラン変更や生成回数を抑える等のご対応をお願いいたします。

ただし、生成回数が次の契約期間にも越え続けていたり、著しく負荷がかかっている場合は、やむを得ず停止させて頂くことがございます。
いいえ、新規に追加されたテンプレートは、追加後一定期間は無制限にレポートを生成することができます。この期間中に、テンプレートの細部の調整を行って頂きますようお願いいたします。

他にもご質問がございますか?

お気軽にお問い合わせください

実際に試してみませんか?

PC/Macがお手元にあれば、今すぐ無料でお試し頂くことができます。

5分で体験チュートリアル

デモ動画を見る